Presentation List

国際学会・研究会における発表(APS等、外国の国内学会も含む)

私本人が発表したものだけを載せています。

  1. POS-031(ポスター発表)
    S. Yonezawa, Y. Maeno, K. Bechgaard, C. A. Marrache-Kikuchi, and D. Jerome
    Simultaneous Measurements of the Resistivity and AC Susceptibility of (TMTSF)2ClO4 under Precise Control of Anion Disorder
  2. The North American Calorimetry Conference 2017 (Calcon2017)(2017年7月30-8月3日(発表:1日), Glen Eyrie Castle, Colorado Springs, USA)
    35(口頭発表、招待講演
    S. Yonezawa
    Discovery of Nematic Superconductivity through Magnetic-Field-Angle-Resolved Calorimetry
  3. International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2017)(2017年7月17-21日(発表:12日), Clarion Congress Hotel Prague, Prague, Czech Republic)
    S17-5(口頭発表、シンポジウム(招待)講演
    S. Yonezawa
    Field-angular dependence of the specific heat of CuxBi2Se3
  4. International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2017)(2017年7月17-21日(発表:12日), Clarion Congress Hotel Prague, Prague, Czech Republic)
    S02-4(口頭発表)
    S. Yonezawa, Yoshiteru Maeno, Klaus Bechgaard, Denis Jerome
    Evolution of superconductivity in (TMTSF)2ClO4 with increasing anion disorder
  5. International Workshop on Spin-Orbit Interaction and G-factor (SOIG2017)(2017年7月12-13日(発表:12日), ESPCI, Paris, France)
    (口頭発表、招待講演
    S. Yonezawa
    Nematic superconductivity in the strongly-spin-orbit-coupled doped topological insulator CuxBi2Se3
  6. International Conference on Topological Materials Science (TopoMat2017)(2017年5月9-13日(発表:12日), 東京工業大学)
    12PM-4(口頭発表、招待講演
    S. Yonezawa
    Nematic superconducting gap of CuxBi2Se3 revealed by field-angle resolved calorimetry
  7. アメリカ物理学会(APS)March Meeting 2017(2017年3月13-17日(発表:16日), New Orleans, USA)
    V22.3(口頭発表、招待講演
    S. Yonezawa
    Nematic superconductivity in CuxBi2Se3 revealed by field-angle-resolved calorimetry
  8. アメリカ物理学会(APS)March Meeting 2017(2017年3月13-17日(発表:16日), New Orleans, USA)
    R45.11(口頭発表)
    S. Yonezawa, M. Oudah, A. Ikeda, J.N. Hausmann, T. Fukumoto, S. Kobayashi, M. Sato and Y. Maeno
    Superconductivity in the doped antiperovskite oxide Sr3-xSnO
  9. EPiQS-TMS Trance-Pacific Conference (2016年12月3日-8日(発表:6日), Gump Station, Moorea, 仏領ポリネシア)
    6A-2(口頭発表; 当初予定変更)
    S. Yonezawa and G.-q. Zheng
    Topological, spin-triplet, and nematic superconductivity in CuxBi2Se3
  10. EPiQS-TMS Trance-Pacific Conference (2016年12月3日-8日(発表:4日), Gump Station, Moorea, 仏領ポリネシア)
    PS-4(ポスター発表)
    S. Yonezawa, K. Tajiri, S. Nakata, Z. Wang, Y. Nagai, K. Segawa, Y. Ando, Y. Maeno
    Nematic superconductivity in CuxBi2Se3 revealed by field-angle resolved calorimetory
  11. APW-CEMS Joint Workshop "Highlights of Modern Condensed Matter Physics"(2016年1月25日-27日(発表:1月25日), 理研, Japan)
    M07(口頭発表、招待講演
    S. Yonezawa
    Calorimetric studies of topological superconductors
  12. The International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity 2015 (M2S-HTSC 2015)(2015年8月23日-28日(発表:8月24日), Geneva, Switzerland)
    Mo-S10 KN1(口頭発表、Keynote 招待講演
    S. Yonezawa
    Recent studies on unconventional superconductivity in (TMTSF)2X
  13. The International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity 2015 (M2S-HTSC 2015)(2015年8月23日-28日(発表:8月27日), Geneva, Switzerland)
    S006(ポスター発表)
    S. Yonezawa, D. Shibata, H. Tanaka, T. Kajikawa, T. Nojima, Y. Maeno
    Superconducting and vortex phase diagrams of Sr2RuO4
  14. 4th Super-PIRE - 26th REIMEI Workshop on Frontiers of Condensed Matter Physics(2015年5月16-22日(発表22日)、TRIUMF/UBC、Vancouver、Canada)
    番号なし(口頭発表)
    S. Yonezawa
    Thermodynamic studies of the chiral-p-wave superconductor Sr2RuO4
  15. 18AM-6(口頭発表; 招待講演
    S. Yonezawa
    Anomalous superconducting phase diagram of the chiral-p-wave superconductor Sr2RuO4
  16. The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2014)(2014年7月7日-11日(発表:7月8日), Grenoble, France)
    Tu-IS10-1(口頭発表、招待講演
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, H. Tanaka, D. Shibata, Y. Maeno
    Superconducting phase diagram and pair-breaking mechanism in Sr2RuO4
  17. The 2nd workshops for Young Researchers on Topological Quantum Phenomena(2013年10月22-26日(発表24日)、沖縄・宜野湾市・カルチャーリゾートフェストーネ)
    P-54(ポスター発表)
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, Y. Maeno
    Specific-heat and magnetocaloric-effect study of Sr2RuO4
  18. The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2013)(2013年8月5日-8月9日(発表:8月7日)、東京大学、Japan)
    7A-E-1-3(口頭発表)
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, and Y. Maeno
    Thermodynamic Evidence of the First-Order Superconducting Transition in Sr2RuO4
  19. Bristol-Kyoto Symposium (2013年1月10-11日(発表11日)、The University of Bristol)
    発表番号なし(口頭発表)
    S. Yonezawa
    Giant resistivity enhancement by magnetic field in a simple quasi-two-dimensional metal
  20. International Symposium on Materials Science Opened by Molecular Degrees of Freedom (MDF2012)(宮崎シーガイア、2012年12月1-4日(発表3日))
    P-74(ポスター発表)
    S. Yonezawa, Y. Maeno, K. Bechgaard, D. Jérome
    Anisotropic superconductivity in (TMTSF)2ClO4
  21. International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S 2012)(2012年7月29日-8月3日(発表:7月30日)、Washington DC, USA)
    I5-04(口頭発表; 招待講演
    S. Yonezawa, Y. Maeno, and K. Bechgaard, D. Jérome
    Calorimetric study of unconventional superconductivity in (TMTSF)2ClO4
  22. International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2012 (ICSM2012)(2012年7月8日-13日(発表:12日), Atlanta, USA)
    IN72(口頭発表; 招待講演
    S. Yonezawa, Y. Maeno, and K. Bechgaard, D. Jérome
    Thermodynamic Study of Unconventional Superconductivity in the Bechgaard Salt
  23. International Conference on Topological Quantum Phenomena (TQP2012)(2012年5月16-20日(発表:17日)、名古屋大学 ES総合館)
    17AM-5(口頭発表; 招待講演
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, Y. Maeno
    Anomalous Superconducting Transition of Sr2RuO4 Investigated by Magnetocaloric Effect
  24. UK-Japan Meettiing 2012(2012年1月9-10日(発表:10日)、東京大学 小柴ホール・武田ホール)
    発表番号なし(口頭発表)
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, Y. Maeno
    Superconducting Phase Diagram of Sr2RuO4 Revealed by the Magnetocaloric Effect
  25. I-7(口頭発表; 招待講演
    S. Yonezawa, Y. Maeno, and K. Bechgaard, D. Jérome
    Superconducting Gap Structure and Phase Diagram of (TMTSF)2ClO4
  26. American Physical Society March Meeting 2011 (2011年3月21-25日(発表:24日)、Dallas Convention Center)
    W25.00009(口頭発表)
    Shingo Yonezawa, Yoshiteru Maeno, Klaus Bechgaard, Denis Jérome
    Thermodynamic study of the superconducting gap structure of (TMTSF)2ClO4
  27. International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 (ICSM2010)(2010年7月4日-9日(発表:6日)、京都国際会館)
    6Ax-09(口頭発表)
    S. Yonezawa, Y. Maeno, and K. Bechgaard
    Specific Heat Study of the Quasi-One-Dimensional Superconductor (TMTSF)2ClO4
  28. International Symposium on Physics of New Quantum Phases in Superclean Materials (PSM2010)(2010年3月9-12日(発表:10日)、横浜市はまぎんホール VIA MARE)
    P132(ポスター発表)
    S. Yonezawa, Y. Maeno, K. Bechgaard, and D. Jérome
    Heat Capacity Study of the Quasi-One-Dimensional Organic Superconductor (TMTSF)2ClO4 in Accurately Aligned Magnetic Fields
  29. The 8th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Ferromagnets (ISCOM2009)(2009年9月、北海道・ニセコ)
    00170(ポスター発表)
    S. Yonezawa, S. Kusaba, Y. Maeno, P. Auban-Senzier, C. Pasquier, and D. Jérome
    Superconducting Phase Diagram of (TMTSF)2ClO4
  30. Novel Spin Pairing 2009 (NSP2009)(2009年9月、京都大学北部キャンパス)
    P29(ポスター発表)
    S. Yonezawa, S. Kusaba, Y. Maeno, P. Auban-Senzier, C. Pasquier, and D. Jérome
    Superconducting state with an anomalous in-plane anisotropy in the quasi-one-dimensional system (TMTSF)2ClO4
  31. The International Conference on Low Temperature Physics (LT25)(2008年8月6-13日、オランダ・アムステルダム)
    PB-Mo97(ポスター発表)
    S. Yonezawa, S. Kusaba, Y. Maeno, P. Auban-Senzier, C. Pasquier, and D. Jérome
    Field-Induced Dimensional Crossover and Anomalous Superconducting States in the Quasi-One-Dimensional Superconductor (TMTSF)2ClO4
  32. Amirican Physical Society March Meeting 2007(2007年3月 アメリカ・デンバー)
    P8.00006(口頭発表)
    Shingo Yonezawa, Mike Sutherland, Peter D. A. Mann, Christoph Bergemann, and Yoshiteru Maeno
    Nearly-free electron superconductor Ag5Pb2O6
  33. The 8th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity and High Temperature Superconductors (M2S-HTSC-VIII)(ドイツ共和国ドレスデン、2006年7月9-15日)
    PB-Tu-64(ポスター発表)
    S. Yonezawa and Y. Maeno
    Properties of the oxide type-I superconductor Ag5Pb2O6
  34. 24th International Conference on Low Temperature Physics (LT24)(アメリカ合衆国フロリダ州オーランド, 2005年8月10-17日)
    PB-Tu-64(ポスター発表)
    S. Yonezawa and Y. Maeno
    Possible Type-I Superconductivity in Ag5Pb2O6 Probed by AC Susceptibility
  35. International Symposium on Spin-Triplet Superconductivity and Ruthenate Physics (STSR2004)(京都大学、2004年10月)
    PS-101(ポスター発表)
    Shingo Yonezawa and Yoshiteru Maeno
    Ag5Pb2O6 ― A New Superconductor Containing a Kagome Lattice

国内学会・研究会における発表

私本人が発表したものだけを載せています。

  1. 日本物理学会2017年秋季大会(2017年9月21-24日(発表:22日), 岩手大学上田キャンパス)
    22pC10-3(口頭発表;シンポジウム招待講演
    米澤 進吾
    バルクトポロジカル超伝導体の開発とマクロ測定
  2. P24(ポスター発表)
    S. Yonezawa, Y. Maeno, K. Bechgaard, C. A. Marrache-Kikuchi, and D. Jerome
    有機超伝導体(TMTSF)2ClO4の超伝導不純物効果
  3. 第6回 酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会(2017年6月17-18日(発表:17日), 九州大学筑紫キャンパス)
    (口頭発表;招待講演
    米澤 進吾
    ペロブスカイト酸化物の"兄弟物質":アンチペロブスカイト酸化物の超伝導
  4. 第15回 京都大学 物性科学センター講演会・研究交流会(2017年2月20日(発表:20日), 京都大学)
    P4(ポスター発表)
    Chanchal Sow, 米澤 進吾, 北村 想太, 岡 隆史, 黒木 和彦, 中村 文彦, 前野 悦輝,
    Ca2RuO4における電流誘起の巨大反磁性・半金属状態
  5. 第2回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会(2016年12月16日-18日(発表:16日), 東北大学)
    P23(ポスター発表)
    S. Yonezawa, K. Tajiri, S. Nakata, Z. Wang, Y. Nagai, K. Segawa, Y. Ando, Y. Maeno
    CuxBi2Se3の比熱測定によるネマティック超伝導の発見
  6. 第2回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会(2016年12月16日-18日(発表:17日), 東北大学)
    P24(ポスター発表)
    M. Oudah, A. Ikeda, J. N. Hausmann, S. Yonezawa, T. Fukumoto, S. Kobayashi, M. Sato, Y. Maeno
    超伝導体:アンチペロブスカイト酸化物 Sr3-xSnO
  7. 第二回 ディラック電子系マルチフェロイクス研究会(2016年11月17-18日(発表17日)、名古屋大学物質科学国際研究センター)
    発表番号なし(口頭発表、招待講演
    米澤進吾
    アンチペロブスカイト酸化物Sr3-xSnOの超伝導
  8. 第二回 ディラック電子系マルチフェロイクス研究会(2016年11月17-18日(発表17日)、名古屋大学物質科学国際研究センター)
    発表番号なし(ポスター発表)
    米澤進吾
    Ca2RuO4における電流誘起の巨大反磁性
  9. 超伝導研究の最先端: 多自由度、非平衡、電子相関、トポロジー(2016年9月10-12日(発表11日)、京都大学基礎物理学研究所)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾
    比熱測定によるCuxBi2Se3のネマティック超伝導の観測
  10. 応用物理学会 超伝導分科会 第53回研究会「新奇超伝導の進展」(2016年6月13日(発表13日)、東北大学東京分室)
    発表番号なし(口頭発表、招待講演
    米澤進吾
    トポロジカル超伝導とネマティック超伝導
  11. 日本物理学会第71回年次大会(2016年)(2016年3月19-22日(発表22日)、東北学院大学)
    22aBE-3(口頭発表)
    S. Yonezawa, T. Higuchi, Y. Sugimoto, Y. Maeno, K. Bechgaard, D. Jerome
    (TMTSF)2ClO4の超伝導状態における交流磁化率の不純物効果
  12. Session 3 発表番号なし(口頭発表)
    米澤 進吾
    Sr2RuO4の微小デバイスにおけるトポロジカル超伝導現象
  13. 12AM-2(口頭発表)
    米澤 進吾
    CuxBi2Se3の超伝導状態において観測された自発的回転対称性の破れ
  14. P62(ポスター発表)
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, Y. Maeno
    Possible order-parameter flipping observed in the chiral-p-wave superconductor Sr2RuO4
  15. 日本物理学会2015年秋季大会(2015年9月16-19日(発表16日)、関西大学)
    16pDC-1(口頭発表)
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, Y. Maeno
    Sr2RuO4の超伝導状態において面内磁場回転で誘起される相転移
  16. 新学術領域研究「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」第1回拡大総括班会議(2015年9月15日(発表15日)、慶応大学大阪キャンパス)
    発表番号なし(口頭発表)
    S. Yonezawa
    In-plane anisotropy of superconductivity in CuxBi2Se3
  17. 日本物理学会第70回年次大会(2015年)(2015年3月21-24日(発表21日)、早稲田大学)
    21aAS-3(口頭発表)
    S. Yonezawa, Y. Maeno, D. Jerome
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4の超伝導比熱への不純物効果
  18. 新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」第16回集中連携研究会(2014年6月14-16日、下呂市)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾、梶川知宏、前野悦輝
    Sr2RuO4の超伝導磁気相図
  19. 日本物理学会 第69回年次大会(2014年3月27-30日(発表29日)、東海大学)
    29pCJ-7(口頭発表)
    西村佳悟、米澤進吾、C. W. Hicks、D. O. Brodsky、A. P. Mackenzie、前野悦輝
    Sr2RuO4の超伝導転移温度の面内一軸的歪み依存性
  20. 「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」 第4回領域研究会(2013年12月19-21日(発表19日)、名古屋大学・ES総合館)
    PA-29(ポスター発表)
    米澤進吾、梶川知宏、前野悦輝
    In-plane magnetic-field anisotropy of the superconducting state of Sr2RuO4
  21. 日本物理学会 2013年秋季大会(2013年9月25-28日(発表28日)、徳島大学)
    28aED-8(口頭発表)
    米澤進吾、梶川知宏、前野悦輝
    Sr2RuO4の比熱や上部臨界磁場の内磁場異方性の増強
  22. 新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」第12回集中連携研究会「Sr2RuO4の超伝導対称性とトポロジカル超伝導」(2013年6月8日(発表8日)、京都大学 理学研究科)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾
    バルク測定から見たSr2RuO4の超伝導対称性
  23. 日本物理学会第68回年次大会(2013年3月26-29日(発表27日)、広島大学 東広島キャンパス)
    27pXH-7 (口頭発表)
    梶川知宏、米澤進吾、前野悦輝
    Sr2RuO4純良単結晶試料の交流比熱の磁場方向依存性
  24. 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」第7回領域会議(2013年3月1-3日(発表3日)、東京大学 小柴ホール)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4の磁場角度分解熱容量の詳細な解析
  25. 新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」第10回集中連携研究会「トポロジカル超伝導・超流動」(2012年12月13-14日(発表14日)、大阪大学 産業科学研究所講堂)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾
    Sr2RuO4のトポロジカル超伝導と磁場の相互作用
  26. 日本物理学会 2012年秋季大会(横浜国立大学、2012年9月18-21日(発表18日))
    18aGB-2(口頭発表)
    米澤進吾、梶川知宏、前野悦輝
    Sr2RuO4の微小単結晶の交流比熱測定
  27. 新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」第9回集中連携研究会「異方的超流体でのトポロジカル量子渦」(2012年9月1日、大阪市立大学 理学部会議室)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾
    Sr2RuO4での半整数フラクソイドの観測
  28. 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」第6回領域会議(2012年1月5-7日(発表:6日)、仙台市秋保温泉岩沼屋)
    PS2(ポスター発表)
    米澤進吾
    微小結晶の比熱および熱磁効果測定装置の開発
  29. 17PM-8(口頭発表)
    S. Yonezawa, T. Kajikawa, Y. Maeno
    First-order superconducting transition in Sr2RuO4 revealed by the magnetocaloric effect
  30. 日本物理学会 2011年秋季大会(2011年9月21日-24日(発表23日)、富山大学)
    23pTG-10(口頭発表)
    米澤進吾、前野悦輝、Klaus Bechgaard、Denis Jérome
    擬一次元系超伝導(TMTSF)2ClO4の回転磁場中熱容量測定と超伝導ギャップ構造
  31. 新学術領域研究「トポロジカル量子現象」第5回集中連携研究会「スピン三重項超流体の秩序変数」(2011年7月1-2日(発表:1日)、梅田駅前第2ビル 大阪市立大学 文化交流センター)
    発表番号なし(口頭発表)
    米澤進吾
    スピン三重項超伝導体における半整数量子渦
  32. 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」第5回領域会議(2011年6月8-9日(発表:8日)、東京大学 本郷キャンパス)
    PS4(ポスター発表)
    米澤進吾
    精密比熱測定と第一原理バンド計算から明らかにする有機超伝導体の超伝導秩序変数構造
  33. 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」第4回領域会議 (2011年1月5-7日(発表:6日)、東京大学本郷キャンパス 小柴ホール)
    番号なし(口頭発表)
    米澤 進吾
    擬一次元有機超伝導体(TMTSF)2ClO4の超伝導対称性と温度-磁場相図
  34. 新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」第1回領域研究会(2010年12月18-20日(発表:18日)、京都大学時計台記念館国際交流ホール)
    P69(ポスター発表)
    米澤 進吾, 前野 悦輝, K. Bechgaard, D. Jérome
    擬一次元有機超伝導体(TMTSF)2ClO4の比熱測定による超伝導秩序変数の解明
  35. 第4回 物性科学領域横断研究会(2010年11月13-15日(発表:13日)、東京大学武田先端知ビル5F武田ホール)
    P1-13(ポスター発表)
    米澤 進吾, 前野 悦輝, K. Bechgaard, D. Jérome
    比熱測定からみた擬一次元系(TMTSF)2ClO4の超伝導対称性
  36. 磁性分光研究科(2010年11月5-6日(発表:6日)、京都大学科学研究所 宇治おうばくプラザ)
    (口頭発表)
    米澤 進吾
    銀鉛酸化物超伝導体Ag5Pb2O6の輸送特性 -希薄3次元電子ガス系としての側面から-
  37. 日本物理学会 2010年秋季大会(2010年9月23-26日(発表:25日)、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス)
    25pRB-2(シンポジウム「有機超伝導体の発見から30年を経て」での口頭発表; 招待講演
    米澤 進吾
    擬一次元系(TMTSF)2Xでの奇妙な超伝導状態
  38. 日本物理学会 第65回年次大会(2010年3月20-23日(発表:20日)、岡山大学津島キャンパス)
    20pGT-10(口頭発表)
    米澤 進吾, P. Auban-Senzier, C. Pasquier, 前野 悦輝, K. Bechgaard, and D. Jérome
    擬一次元系超伝導(TMTSF)2ClO4の比熱の磁場方向依存性
  39. (口頭発表)
    米澤 進吾
    Superconductivity and magnetic fields - competition and interplay -
  40. 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」第3回領域会議(2010年1月5-7日(発表:7日)、宮城県 仙台秋保温泉)
    oral30(口頭発表)
    米澤進吾
    (TMTSF)2ClO4の超伝導状態における交流比熱の磁場方向依存性
  41. 特定領域研究「スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理」A04班研究会(2009年12月、和歌山県・和歌山県教育センター学びの丘)
    P4(ポスター発表)
    米澤進吾
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4の超伝導状態における比熱測定
  42. 第3回物性科学領域横断研究会(2009年11月29日-12月1日(発表:11月30日)、東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル)
    P2-44(ポスター発表)
    米澤進吾
    擬一次元分子性超伝導体(TMTSF)2ClO4の単結晶比熱測定
  43. 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」第2回領域会議(2009年10月6-7日(発表:7日)、東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール)
    (口頭発表)
    米澤進吾
    擬一次元分子性超伝導体(TMTSF)2ClO4の交流比熱測定 -複素比熱への拡張を目指して-
  44. スーパークリーン特定・若手秋の学校(2009年9月、熊本県・休暇村 南阿蘇)
    P44(ポスター発表)
    米澤進吾
    擬一次元超伝導(TMTSF)2ClO4の非従来型超伝導状態
  45. 日本物理学会2009年秋季大会(2009年9月25-28日(発表:27日)、熊本大学黒髪キャンパス)
    27pYC-4(口頭発表)
    米澤進吾, P. Auban-Senzier, C. Pasquier, 前野悦輝, K. Bechgaard, D. Jérome
    擬一次元系超伝導(TMTSF)2ClO4の単一単結晶比熱測定
  46. 日本物理学会第64回年次大会 (2009年3月、立教大学池袋キャンパス)
    28pYF-2(口頭発表)
    米澤進吾, 草場壽一, P. Auban-Senzier, C. Pasquier, 前野悦輝, K. Bechgaard, D. Jérome
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4の高磁場超伝導状態における磁場角度効果
  47. 文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理 A04班研究会 (2008年12月、奈良商工会議所)
    口頭発表(全体Session 4)
    米澤進吾
    擬一次元系(TMTSF)2ClO4の高磁場下における超伝導状態
  48. 文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理 2008年成果報告会 (2008年12月、奈良県新公会堂)
    ポスター発表P45
    S. Yonezawa
    Anomalous high-field superconducting states of the quasi-one-dimensional system (TMTSF)2ClO4
  49. 有機固体若手の会 冬の学校2008 (2008年12月、静岡県伊東市)
    口頭発表(Session 1)
    米澤進吾
    擬一次元分子性導体(TMTSF)2ClO4の高磁場における新奇な超伝導状態
  50. 新しい物理を生む新物質 若手の会 第四回会議「新しい物質と新しい物理:若い世代からの提案」(2008年11月、神奈川県箱根町)
    口頭発表
    米澤進吾
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4の高磁場における異常な超伝導状態
  51. 日本物理学会 2008年秋季大会(2008年9月、岩手大学)
    21pTC-11(口頭発表)
    米澤進吾,草場壽一,P. Auban-Senzier,C. Pasquier,前野悦輝,K. Bechgaard,D.Jérome
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4のパウリリミットを超える高磁場における異常な超伝導状態
  52. スーパークリーン特定・若手夏の学校(2008年8月、静岡県 熱川ハイツ)
    P24(ポスター発表)
    米澤進吾
    有機物超伝導体(TMTSF)2ClO4の純良単結晶において観測される異常な高磁場超伝導状態
  53. 京大基礎物理学研究所研究会「不均一超伝導超流動状態と量子物理」(2008年7月-8月、京都大学)
    (口頭発表)
    米澤進吾
    擬一次元導体(TMTSF)2ClO4の高磁場における異常な超伝導とFFLO状態の可能性
  54. 日本物理学会 第62回年次大会(2007年9月、北海道大学)
    22pRB-12(口頭発表)
    米澤進吾,草場壽一,P. Auban-Senzier,C. Pasquier,前野悦輝,K. Bechgaard,D.Jérome
    擬一次元超伝導体(TMTSF)2ClO4の超伝導面内異方性
  55. 日本物理学会 第62回年次大会(2007年9月、北海道大学)
    21aPS-119(ポスター発表)
    米澤進吾,中辻知,○前野悦輝
    銀鉛酸化物超伝導体Ag5Pb2O6の常伝導輸送特性とホールドープによる物性変化
  56. 日本物理学会2006年秋季大会(千葉大学、2006年9月)
    23pYF-4(口頭発表)
    米澤進吾,Nada Joo,P. Auban-Senzier,C. Pasquier,東中隆二,前野悦輝,S. Haddad,S. Charfi-Kaddour,M. Heritier,K. Bechgaard,D. Jérome
    磁場方向精密制御下での擬一次元導体(TMTSF)2ClO4の金属-非金属クロスオーバー
  57. 日本物理学会2006年秋季大会(千葉大学、2006年9月)
    24aPS-61(ポスター発表)
    米澤進吾、前野悦輝
    銀鉛酸化物超伝導体Ag5Pb2O6の電気抵抗率と超伝導
  58. 日本物理学会第61回年次大会(愛媛大学および松山大学、2006年3月)
    27aPS-91(ポスター発表)
    米澤進吾、前野悦輝
    酸化物第T種超伝導体Ag5Pb2O6の超伝導異方性
  59. 日本物理学会第60回年次大会(東京理科大学野田キャンパス、2005年3月)
    25pWE-1(口頭発表)
    米澤進吾、前野悦輝
    酸化物第T種超伝導体Ag5Pb2O6の超伝導特性
  60. 特定領域研究「異常量子物質の創製 −新しい物理を生む新物質−」キックオフミーティング(青山学院大学、2004年10月)
    (口頭発表)
    前野悦輝、米澤進吾
    新超伝導体Ag5Pb2O6
  61. 日本物理学会2004年秋季大会(青森大学、2004年9月)
    14pRC-16(口頭発表)
    米澤進吾、前野悦輝、出口和彦
    導電性酸化物Ag5Pb2O6の抵抗率T2温度依存性と超伝導性
  62. 日本物理学会2003年秋季大会(岡山大学、2003年9月)
    20pTP-16(口頭発表)
    米澤進吾、前野悦輝、出口和彦
    導電性酸化物Ag5Pb2O6の低温物性

海外の大学等でのセミナー

私本人が発表したものだけを載せています。

  1. スタンフォード大学(Stanford University)Regularly Scheduled Cmp Seminar(2017年3月9日)
    Shingo Yonezawa
    Possible bulk topological superconductors: the nematic superconductor CuxBi2Se3 and the doped Dirac-metal superconductor Sr3-xSnO
  2. スタンフォード大学(Stanford University)Z. X. Shen教授グループ・グループミーティング(2017年3月9日)
    Shingo Yonezawa
    Electric-current-induced giant diamagnetism in the Mott insulator Ca2RuO4
  3. 香港中文大学(Chinese University of Hong Kong)セミナー(2016年9月23日)
    Shingo Yonezawa
    Calorimetric investigations of topological superconductors with and without time-reversal symmetry
  4. 香港科技大学(Hong Kong University of Science and Technology)セミナー(2016年9月22日)
    Shingo Yonezawa
    Nematic Superconductivity in the Doped Topological Insulator CuxBi2Se3
  5. パリ南大学セミナー(2011年10月3日、Université Paris Sud, Orsay, France)
    Shingo Yonezawa
    Superconducting gap structure and thermodynamic phase diagram of (TMTSF)2ClO4 determined by field-angle-resolved calorimetry
  6. ケルン大学 セミナー(2008年8月18日、ドイツ・ケルン)
    Shingo Yonezawa
    Anomalous superconducting state of the quasi-one-dimensional superconductor (TMTSF)2ClO4 observed in magnetic fields above the Pauli-limiting field