OSS workshop in Amalfi, Italy 出張報告

OSSのホームページ

2018年4月11日から14日までOSSのworkshopのためにイタリアのアマルフィに滞在しました。参加メンバーは前野教授、米澤助教、D3安井さん、D2池田さん、M1三好君、M1金城です。

Oxide SuperSpin

OSSとは、
This International Network of experimental and theoretical groups in the UK, Japan, South Korea, and Italy is leading a programme to explore novel superconductivity at oxide superconductor interfaces with magnetic materials and in nanodevices. Through a better understanding of materials properties and processing, our vision is to realise full control over superconducting symmetry at oxide interfaces and to setup Cambridge and Kyoto as a global hubs to explore the science of advanced oxide interfaces and unconventional superconductivity.
というものです。OSSホームページより拝借しました。私は4月11日、12日のポスターセッションにてSr2RuO4の一軸圧下NQR測定について発表しました。

Amalfi

私は関西国際空港より成田空港へ、その後フランクフルトを経由し、イタリアナポリ空港、その後前野教授とともにシャトルタクシーでアマルフィへ行きました。OSS workshop ではポスター発表の前にポスターの1min presentation があるのですが、飛行機の中ではそれについて考えていました。ANAを利用したのですが、ANAの機内食は質が高いように感じました。軽食のトルティーヤ、朝食のラタトゥイユともにおいしかったです。

ナポリ空港からアマルフィへのシャトルタクシーでは、ヴェスヴィオ火山を見ました。ヴェスヴィオ火山は噴火によってポンペイ遺跡を作り出した火山であり、古代ローマの情景がそのまま保存されている遺跡です。火山流によって一夜にして滅んでしまったことにより、当時の生活の様子がありありとわかるらしいです。(行っていない) また、タクシー内ではお土産について現地の人に聞きました。やはりイタリア、ワインが有名なようで"fiano"という白ワインをおススメされました。これは研究室での飲み会で消費されました、おいしかったです。

アマルフィについて、一番最初に行くところといえば、やはりホテルでしょう。お金の問題からM1の三好君と同じ部屋に泊まりました。本来はシングルベッド3つの部屋を予約していたはずでしたが、あちら側の手違いでキングサイズのベッドとシングルベッドの部屋に泊まることとなりました。勿論どちらが大きいほうのベッドで寝るのか、という問題が発生します。熾烈極める戦い(じゃんけん)の末、僕がシングルベッドとなりました。少しつらかったです。

ごはんはもちろんピザ。マルゲリータが基本らしく、一番安かったのでとりあえずマルゲリータを頼んでみましたが、焼き立てのピザのすばらしさを感じました、ただ、真ん中が薄いので具が落ちまくるのが欠点でしょうか。ちなみにピザカッターはありません。ナイフで切ります。

ピザ
ピザのイメージ図(注マルゲリータではありません)

いざ発表の場となり、1min previewでは前日の晩から練っていた渾身の発表をしました。1分とはいえ、大勢のよく知らない人たちの前で英語を話すのはとても緊張しました。ちゃんと伝わったのかどうか、とても不安でしたが、うまくいったようでポスターには大勢の方が来てくださいました。

結果としては、ポスター賞をいただきました。僕が一番若いのもあったと思いますが、本当にうれしかったです。以下の写真は、ポスター賞をもらった3人の写真です。

ポスター賞の受賞者
ポスター賞の3人で撮った写真。左から私、最優秀賞のEun-Kyo Koさん、安井さんです。

写真集

アマルフィの風景
アマルフィ到着。さすがの観光地クオリティ。大勢の人が見に来るのも納得です。
池田の発表する様子
安井の発表する様子
安井さん、池田さんの1min preview。お二人ともさすがに流ちょうな英語でした。
三好の発表する様子
三好君の1min preview。彼は緊張を知らないのか?
金城の発表する様子
私の1min preview。緊張のあまり、言うことを忘れかけていました。
会議の休憩の様子
Coffee break は近所のカフェを貸し切ったいました。人が多いため、それでもあふれかけています。こういうところで出るクッキーは、日本人には少しくどいと感じました。使っている砂糖が異なっているからでしょうか。
夕食会のの様子
Official dinnerの様子。50ユーロもしただけあって、高級感があふれる食事でした。こんな服装で来てよかったものか、と思案していましたが物理屋はカジュアルを好みます。皆さんもラフな格好でした。
レストランで一人で食事をとる金城
なんと、一人さみしくご飯を食べようとしていたところを激写されてしまったみたいです。パンを片手にケータイをいじって、行儀が悪いったらありゃしない。