日本物理学会2016年秋季大会@金沢大学角間キャンパス

2016年9月13日~9月16日まで、金沢大学角間キャンパスにて日本物理学会秋季大会が行われ、我々の研究室からも多くの者が参加し、口頭発表、ポスター発表を行いました。
発表の様子を掲載します。

金沢大学角間キャンパスです。
一日目の午前、「超伝導体U6Coの核磁気共鳴による研究」を発表するD1真砂さん。
一日目の午後、「Long-range p-wave proximity effect at the SrRuO3/Sr2RuO4 interface」を発表する前野教授。
二日目の午前、「Superconductivity in the antiperovskite oxide Sr3SnO」を発表するD2Oudahさん。
二日目の午前、「ディラックホールを持つアンチペロブスカイト酸化物超伝導体Sr3SnOの物性」を発表するM2池田さん。
二日目の午前、「アンチペロブスカイト型新奇超伝導体Sr3SnOのNMR」を発表する北川助教。
二日目の午前、「単結晶CuxBi2Se3の比熱及び上部臨界磁場の異方性」を発表するM2田尻さん。
二日目の午前、「単結晶BaFe2(As1-xPx)2における量子臨界点付近でのNMR測定」を発表するM1河村さん。
二日目の午前、「鉄系超伝導体KFe2As2のHc2近傍における75As-NMR」を発表するM2高木さん。
二日目の午前、「鉄系超伝導体FeSe系の77Se-NMRによる研究」を発表するD2施さん。
二日目の午前、「 Discovery of current induced giant diamagnetism in Ca2RuO4」を発表するPDSowさん。
二日目の午前、「トンネル接合Au/SrTiO3/SrRuO3/Sr2RuO4におけるスピン三重項近接効果」を発表するM1國枝さん。
二日目の午前、「SrTiO3 Under Uniaxial Strain Applied With a Piezoelectric-based Device」のポスター発表をするD2Kostylevさん。
二日目の午後、「RCoIn5薄膜(R = Ce, Yb)における核四重極共鳴測定」を発表するPD山中さん。
二日目の午後、「単結晶CeCu2Si2におけるCu-NMR」を発表するM2樋口さん。
三日目の午前、「重い電子系超伝導化合物CeCoIn5と反強磁性化合物CeRhIn5の人工超格子CeCoIn5/CeRhIn5のNMR」のポスター発表をするM1仲嶺さん。

普段では知りえない様々な研究の一端に触れることができました。実りのある学会となったと思っています。