日本物理学会2015年秋季大会@関西大学

2015年9月16日(水)~9月19日(土)まで、関西大学千里山キャンパスにて、日本物理学会2015年秋季大会が行われ、我々の研究室からも多くの者が 参加し、口頭発表、ポスター発表しました。発表の様子を掲載します。

一日目の午後の最初の発表、「Sr2RuO4の超伝導状態において面内磁場回転で誘起される相転移」を発表する助教米澤先生。
一日目の午後、米澤さんに続き「Sr2RuO4の核磁気共鳴・核四重極共鳴による超伝導状態の研究」を発表するM2真砂さん。
一日目の午後、「SrRuO3薄膜の磁気的性質」を発表するM2杉本さん。
一日目の午後、「Long-range proximity effect at SrRuO3/Sr2RuO4 interface」を発表するPD Anwarさん。
一日目の午後、「単結晶比熱測定によって明らかになったCuxBi2Se3 の超伝導面内異方性」を発表するM1 田尻君。
二日目の朝、「115In-NMRでみた重い電子系超格子CeCoIn5/YbCoIn5の界面の電子状態」を発表するD3山中さん。
三日目の朝、「Dimer solid-liquid transition of the honeycomb compound Li2-xRuO3」を発表するD3Poloさん。
四日目の朝、「Ruナノ粒子の核磁気共鳴による研究」を発表するM2西宮さん。
四日目の朝、ポスター会場にて「鉄系超伝導体FeSeの77Se-NMRによる研究」を発表するD1施さん。
四日目の朝、ポスター会場にて「鉄系超伝導体KFe2As2の75As-NMRによる研究」を発表する私、M1高木。
四日目の朝、ポスター会場にて「ハニカム格子系Li2RuO3に対するヨウ素によるリチウム量の制御」を発表するM1池田君。
写真はありませんが、他にD1Oudahさん、M1樋口君がポスター発表をそれぞれ行いました。