秋のレクリエーション2014 in 水尾

2014年10月25日、秋のレクリエーションとして愛宕山と、柚子の里として知られる水尾に行ってきました。
前野教授や石田教授、米澤助教ご一家、院生・研究員だけでなく、多数のOBさんやそのご家族も来てくださり、ここ数年でも最大規模のレクリエーションとなりました。

清滝口にて。いよいよ愛宕山登山を開始します。
いきなりの厳しい坂道。気合が入ります。
日頃の運動不足が祟って早くも息切れする我々。
消防分団の看板が、山頂までの行程を教えてくれます。
水尾別れに到着。右へ進めば愛宕山山頂ですが、今回は左へ抜けて水尾へと降ります。
およそ3時間の登山を経て、ついに到着。水尾でもてなしをしてくださる民家「まる源」さんです。
長旅お疲れ様でした。それでは皆さん、乾杯!
ゆず鍋。今年取れたゆずを絞って頂きます。美味しかった!
ゆずの皮を使ったお菓子。他にも、ゆずジュースやゆずゼリー、ゆず湯など、ゆず尽くしのメニューでした。
卒業研究に勤しむ学部4回生たちも楽しんでいます。
締めには雑炊!皆お腹いっぱいでしばらくうごけませんでした。
食後は柚子風呂も堪能。近くには清和天皇陵があり、見学に行った健脚な人たちもいます。
近くにはゆずや柿がなっていて、色鮮やかでした。
体力を回復した我々は今度は保津峡の方へと山を下っていき、秘境駅として知られるJR保津峡駅から京都駅へと帰りました。