春のレクリエーション2014 in 嵐山

2014年6月7日、春のレクリエーションとして京都・嵐山の松尾山に行ってきました。
梅雨入りしたこともあり天候が危ぶまれましたが、無事に開催出来ました。

前野教授や米澤助教、院生・研究員だけでなく、多数のOBさんやそのご家族も来てくださいました。

松尾山へ向かいます。竹林を抜けて、細い道を登山。
少し休憩。山頂はまだまだです。
阪急嵐山駅から、現在地のところまで来ました。
ついに頂上!いい眺めです。渡月橋も見えます。
頂上で記念撮影。
続きまして、針供養や十三参りでお馴染みの法輪寺へ。
ヘルツとエジソンの記念碑がありました。
NMRグループの友人が「いい信号が見られますように。」とお祈りしてました。
法輪寺では、神仏習合の流れで鎮守社を作ることになった際、明星を表す電電明神を祀った。
1956年、近畿電波管理局長の平林金之助が、電電明神を電気電波の祖神として祀ることを主唱し、
電気電波関係者の霊を顕彰する電電塔が建てられ、電気・電波研究者の代表としてエジソンとヘルツの肖像が掲げられた。
現在ではコンピュータ関係者や電気通信事業者からも信仰を集めている。(参考 Wikipedia)
というわけで、電気や通信に関するたくさんの企業が護持会会員に名を連ねていました。
たくさん歩いて疲れました。
おみやげ。これはどう見てもあの商品のパクリではないでしょうか?
嵐山温泉へ。汗を流し、しばしくつろぎました。
腕相撲をするM1の2人。
皆で飲み会に行き、美味しいお酒を食事をいただきながら、昔話や研究の話に花を咲かせました。