日本物理学会2010年秋季大会@大阪府立大学

2010年9月23日~26日に、大阪府立大学中百舌鳥キャンパスにて日本物理学会2010年秋季大会が行われました。当研究室からも多くの学生、スタッフが発表しました。

大阪府立大学キャンパスです。
強磁性超伝導体UCoGeの関連物質についてポスター発表する私(M1軽部)。
鉄系超伝導体LaFeAsO0.85の不純物効果について発表するD1北川さん。
鉄系超伝導体BaFe2(As1-xPx)2の量子臨界的振る舞いについて発表するPD中井さん。
鉄系超伝導体BaFe2(As1-xPx)2の低リン濃度域NMRについて発表するM2家さん。
空間反転対称性の破れた超伝導体Li2(Pd1-xPtx)3Bの比熱測定について発表するPDダレンさん。
Ca2RuO4の一軸圧力効果について発表するM2谷口さん。
Sr2RuO4での半整数フラクソイド観測について発表する前野教授。
強磁性超伝導体UCoGeの角度分解NMRについて発表するM2服部さん。
強磁性超伝導体UCoGeの異方的磁気励起について発表するPD井原さん。

写真はありませんが、助教の米澤さんがシンポジウムで擬一次元系有機超伝導体(TMTSF)2Xについて発表しました。

私にとって初めての学会でしたが、普段聞くことのない他の大学の研究者の方々の発表を間近で聞くことができ、とても有意義な経験でした。研究内容の豊富さ、発表のスキル、熱心な質疑応答など、自分の研究生活において参考にすべきことがたくさんありました。